不飽和ポリエステル樹脂

概要

略記号:UP

英語名:unsaturated polyester resin

化学式:

不飽和ポリステル化学式

特性

  • 機械的性質がすぐれており、特にガラス繊維強化ポリエステルは、耐衝撃性にすぐれている。
  • 耐熱性が大きい。
  • 電気的特性にすぐれている(フェノール樹脂ポリスチレンとの中間の性能を有する)。
  • 耐薬品性や耐水性、耐溶剤性にすぐれている。
  • 強酸、強アルカリ性に対しては耐性が弱く、侵される。

耐薬品性

耐薬品タイプ
不飽和ポリエステル(耐薬品性

強化タイプ
不飽和ポリエステル(強化

製法

  • 不飽和ポリエステル(アルキド)の製造と、このアルキドの架橋剤となるモノマーとの混合の2工程からなる。
  • 代表的な配合例は、プロピレングリコール1.01モル、無水マレイン酸0.5モル、無水フタル酸0.5モルでアルキドを製造する。
  • 反応終了後、重合禁止剤を加えて溶解槽に移して、所定量のスチレンを加えて製品とする。

不飽和ポリエステルの製法

硬化及び成形法

  • 不飽和ポリエステルは、加熱又は紫外線照射することで硬化する。
  • 一般的には有機化酸化物や促進剤を加えて、室温又は加熱により架橋して硬化させる。
    (触媒促進剤は下表参照)
触媒促進剤
・過酸化ベンゾイル
・エチルメチルケトンペルオキシド
・シクロヘキサノンペルオキシド
・ラウリルペルオキシド
・アゾビスイソブチロニトリル
・ジメチルアニリン
・ナフテン酸コバルト

(加熱硬化)
(加熱又は紫外線硬化)

成形法

  • 不飽和ポリエステルは、硬化時に揮発性の副生物を生じることなく、常温常圧でも成形が可能である。
  • 安価な型を用いて、大型の成形物を作成することが出来る。(船の本体やタンクなど)
  • 典型的な低圧(常圧)成形樹脂であることから、成形法も注型、塗装、ライニング、ガラス繊維との積層品、プリミックスコンパウンドによる成形など種々の成形法が適用される。

構造

不飽和ポリステル化学式

利用用途

  • 化粧版
  • ボタン
  • 塗料(重防食塗料)
  • 成形品(浴槽、小型船、ボート、浄化槽、タンク類、浴室ユニット)

構造