フェノール樹脂

概要

略記号:PF

英語名:phenol formaldehyde resin, phenolic plastic

化学式:省略

  • フェノール・ホルマリン樹脂は、1907年アメリカで、L.H.Baeklandにより発明された。
  • 合成プラスチックでは最初に実用化されたもので、非常に長い実績がある。
  • 現在では一部の

特性

  •  比重が1.25~1.3で、黄褐色~赤褐色~黒褐色に変化(主として酸化変色)
  • 機械的性質は、充填材によって異なる。
  • 一般的には、比較的高温下または荷重下での寸法安定性が良い。
  • 広範囲の温度、湿度下での各種性能の保持性がよい。
  • 長期間使用に対する耐老化性が良い。
  • 耐酸・耐溶剤、耐水性に優れるが耐アルカリに弱い
  • 熱硬化による網状3次元架橋構造
  • 加熱減量は汎用樹脂中で最高レベル(最少)
  • 残炭率は汎用樹脂中で最高レベル 炭素原料に適用可能
  • 燃えにくい・燃焼時の煙発生が少ない
  • 高強度・高硬度
  • 高温・高応力下での結合、柔軟・低強度材料の補強に適用
  • 硬すぎて脆く、硬化収縮もあってフィルム成形は通常困難

製法

  • フェノール樹脂は、ノボラック型(直線構造)とレゾール型(立体構造)に分かれる。

フェノール樹脂上:レゾール型(立体構造)
:ノボラック型(直線構造)

 

 

フェノール樹脂成形材料の製法

  • 製法には、レゾール(1段法又は湿式法)からのものと、ノボラック(2段法又は乾式法)からのものの2種類がある。
  • 1段法ではレゾールのアルコール液に木粉やその他の添加剤を加えて、加熱乾燥後に粉砕し、ベークライトB状態の成形粉とする。
  • 成形粉の大半は、2段法によって製造されており、レゾール型のものは、積層用、含浸用、注型用などに用いられる。
  • 2段法で反応させ、ノボラックを得て減圧脱水し、ボールミルで粉砕、これには硬化剤(ヘキサメチレンテトラミンなど)、滑剤(ステアリン酸カルシウムなど)、木粉、パルプ粉、ガラス繊維、マイカなどの充填剤、可塑剤、染料、顔料などを加えてブレンダーやニーダー、バンバリーミキサーなどで混合して、ハンマーミル、クラッシャーなどで粉砕して製品とする。

耐薬品性

成形タイプ
フェノール樹脂(成形)

強化タイプ
フェノール樹脂(強化)

構造

省略

利用用途

  • クラッチフェーシング
  • ブレーキライニング
  • ディスクパッド
  • フィルター
  • セパレーター
  • 塗料
  • 積層含浸加工用
  • ゴム系の溶剤系接着剤
  • グラスウール
  • ロックウール
  • 合板
  • パーティクルボード
  • 集成材
  • 半導体封止剤