ポリエチレンテレフタレート

概要

略記号:PET

英語名:polyethyleneterephthalate

化学式:

ポリエチレンテレフタレート

 

  • ポリエチレンテレフタレートはテレフタル酸またはテレフタル酸ジメチルとエチレングリコールを重縮合して得られる熱可塑性ポリエステルである。
  • すぐれた性質を活かして繊維、フィルム、ボトルの用途で広く使用されている。

特性

  • 強靭で融点が高く耐熱性であり、熱処理・延伸すると強度は著しく向上する。
  • 毒性がない。
  • エステル結合を有するため、耐熱水性、耐アルカリ性はよくない。
  • 耐有機溶剤性、耐油性に優れているが、フェノール、クレゾール、0-クロロフェノール、塩素化炭化水素などには侵される。
  • 濃硫酸、濃硝酸では分解する。
  • 熱水、アルカリに弱い。
  • 融点が256℃、Tgが約70℃の結晶性樹脂で、ポリブチレンテレフタレート(PBT)より分子鎖が短く、剛直な分子構造である。
  • ポリブチレンテレフタレート(PBT)に比較し、結晶化速度が小さく、かつ高温でなければ結晶化が進まない。
  • 疲労強さは大きい。
  • 耐候性は比較的良好。
  • 体積固有抵抗、絶縁破壊強さ、耐アーク性などの電気的性質はすぐれている。
  • ガス透過性は小さい部類に入り、二軸延伸するとさらに向上する。
  • 二軸延伸を行うことにより、強度、ガスバリア性が大きく改良される。そのため食品包装用フィルム、ボトルなどに使用される。
  • 成形前に予備乾燥が必要である。
性質単位無定形結晶ガラス充填
比重
(製品により変動)
1.27~1.331.33~1.381.5~1.6
引張強さMPa5775140
引張伸び%1818
曲げ弾性率GPa2.22.86.0
アイゾット衝撃強さJ/m554060
荷重たわみ温度
(1.82MPa)
7085200
熱膨張率10-5/℃862.4
融点250~255250~255250~255

製法

  •  テレフタル酸とエチレングリコールを重縮合することによりよって得られる。

ポリエチレンテレフタレートの製法

構造

ポリエチレンテレフタレート

利用用途

  •  磁気テープのベースフィルム
  • 各種食品用包装フィルム
  • FPD(フラットパネルディスプレイ)用光学フィルム
  • FPD用工程用フィルム
  • 清涼飲料水のPETボトル
  • 洗剤容器
  • 繊維