ポリエーテルサルフォン

概要

略記号:PES

別名:ポリエーテルサルホン, ポリエーテルスルホン

英語名:polyethersulfone

化学式:

ポリエーテルスルホン

特性

  • 主鎖に脂肪族単位を含まず、フェニレン基単位の比率が高いため、剛性、耐熱性にすぐれている。
  • 機械的強度にすぐれている。
  • 180℃の高温下でも引張強さが通常の状態の1/2の強さを有する。
  • 高温時の耐クリープ性にすぐれており、ガラス繊維30%充填品は、180℃、20MPaの荷重下で、4ヶ月後の歪は0.005%以下となる。
  • 耐薬品性にすぐれている。
  • 耐熱水性にすぐれている。
  • -150℃の極低温環境でも脆化破壊しない。
  • 高温下においてもすぐれて特性が維持される。
  • 電気特性にすぐれている。
  • 燃焼特性にもすぐれており、発煙量が極めて少ない。
  • FDAおよび食品容器衛生規格(厚生省告示 20号)に合致している。
  • 耐紫外線性が劣るため、屋外での使用の場合には紫外線吸収剤やカーボンブラックの添加が必要となる。
  • 高い加工温度が必要となる。
  • エーテル基により分子鎖に可撓効果が付与されることで、溶融時の流動性が良好となり、通常の成形機でも成形が可能となる。
性質単位標準30%ガラス
繊維強化
比重1.371.60
吸水率%0.430.30
引張強さMPa86143
引張伸び%6
曲げ強さMPa132194
曲げ弾性率GPa2.68.6
アイゾット衝撃強さ
(ノッチ付き)
J/m8783
連続使用温度180180
荷重たわみ温度
(1.82MPa)
203216
難燃性UL-94V-0V-0
誘電率60Hz3.5
絶縁破壊強さkV/mm1616
成形収縮%0.60.2

製法

  • ジクロロジフェニルスルホンとビスフェノールSに炭酸カリウムを添加して、高沸点溶媒中で縮重合反応によって得られる。

ポリエーテルスルホン製法

構造

ポリエーテルスルホン

利用用途

  • 精密機器
  • 自動車部品(スピードセンサ部品、内装材、ヒューズ)
  • 調理用品(タッパウェア等)
  • イグニッション部品
  • トランスミッションのバルブ
  • 家電(アイロン部品、電子レンジ部品、医療機器など)
  • 電気・電子分野(コネクタやプリント基板、ソケット等)
  • 航空機用部品(内装材、ヒューズ)
  • 機械部品(ギア、軸受け)
  • 温水パイプ設備
  • 医療機器部品(歯科ドリル)
  • 電気電子部品(筐体、スイッチ、コネクタ)
  • BGA・CSP関連ソケット
  • 温水配管設備部品
  • バルブシート
  • コイルボビン
  • 医療機器部品
  • リレー・コネクター
  • のぞき窓
  • 照明べザル