エチレン・酢酸ビニル共重合体

概要

略記号:EVA

英語名:ethylene-vinylacetate copolymer

化学式:

エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂

 

  • エチレンと酢酸ビニル(VA)の共重合体。
  • 酢酸ビニル(VA)を共重合させる目的は、ポリエチレンの結晶性を低下させ透明性、柔軟性などの物性を付与するためである。
  • 低~中VA含量グレードがフィルム・成形材料に、高VA含量グレードが接着剤に用いられる。
  • 重包装に用いられる酢酸ビニル(VA)含量数%のものはポリエチレンに分類される。
  • 酢酸ビニル(VA)が約10%以上のものをエチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)という。

特性

  •  性質は、内部可塑化ポリエチレンともいわれ、大きい反発性を有する無色透明のゴム状物質である。
  • 耐候性、低温可塑性を有しており、-50℃まで可撓性がある。
  • 加硫を要しないゴムである。
  • 酢酸ビニル含量が増えるとゴム状になり、軟化点が低く、熱接着力が大きく、耐溶剤性がなくなる。
  • トルエン、ベンゼン、トリクロロエチレン、THFに溶解するが、メチルエチルケトン、塩化メチレン、アセトン、酸、アルコール、、水などには不溶である。
  • 耐オゾン性、水・紫外線によく耐える。
  • 成形加工性にすぐれ、耐候性、耐ストレスクラック性にすぐれている。
  • 他のプラスチックとブレンドすると成形時の流動性、低温下の耐衝撃性を向上させるのに効果的である。

EVAの特性

性質単位標準
比重0.92~0.95
引張強さMPa5~26
引張伸び%650~1,000
アイゾット衝撃強さ
(ノッチ付き)
J/m破壊せず
シェア硬さD30~95
荷重たわみ温度
(0.45MPa)
60~64
体積固有抵抗Ω・cm1.5×108
誘電率(60Hz)2.5×3.2
透明性透明

EVAの種類と性質

性質単位酢酸ビニル含量
40%
酢酸ビニル含量
33%
酢酸ビニル含量
28%
酢酸ビニル含量
18%
引張強さMPa571420
引張伸び%1,300700750850
硬さ(JIS)40687792
軟化点59616987
メルトインデックスg/10min5525152.5

製法

省略

構造

エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂

利用用途

  • ドライラミ原反フィルム
  • 農業用フィルム
  • EVAフィルム
  • 収縮フィルム
  • 建設・土木用シート
  • 自動車泥よけ
  • 熱溶融接着ラベル
  • 布製接着ラベル
  • 本装丁
  • ホットメルト型接着剤の主原料
  • 防湿ヒートシールコーティング剤
  • 食パン包装紙
  • 紙コップなど紙へのコーティング用
  • 人工芝
  • 靴底
  • テントの防水
  • 硬質PVCの耐衝撃性改良剤
  • アスファルト改質剤